MENU

旦那の浮気あなたは許す?

1990年代に「旦那の浮気を許しますか?」という質問に、「許せない」と答えた人は90%でありながら、「離婚するかしないか?」という問いには、「しない」と答える人が90%「別居」と答える人が5%「離婚する」と答える人はわずか3%、その他が2%という結果が出ていました。
これは、年代別にみても異なり、40代以上では比較的我慢する傾向が見られ、とくに子育て世代の主婦が、結果として浮気を容認していた傾向が見られます。
浮気事態を許しているのではなく、現在の環境や子供のことを考えて女性が我慢していた側面が高いでしょう。
このころはバブル期でもあり、収入が右肩上がりで、浮気を許すか、生活を捨てるかという選択肢で苦悩していた女性も多いでしょう。
2010年に同じくデータを取ってみると、「旦那の浮気を許しますか?」という質問に70%の人が「絶対許さない」と答え、「離婚するかしないか?」という問いには80%以上が離婚すると回答し、理由を聞き込むと、「子供のため」「許すことが出来ない」「気持ち悪い」「愛想が尽きた」などの理由が多く、時代の流れで考えが変わってきています。
さらに、旦那の浮気相手が当時は、職場環境にあり、取引先の女性、社内の不倫などで、多くは独身女性と不倫関係にあることが多かったのですが、現在では、SNSなど携帯電話を利用した手段で知り合う方法や出会い系サイトなど故意で悪質な場合もあり、今後防ぎようがないことが離婚原因ともなっています。