MENU

妊娠中に浮気された時の対処方法

妊娠中に夫に浮気されることもあります。その理由で多いのがセックスレスです、妊娠中は妊婦への体の負担から性行為をしないことが多いので夫は欲求不満になり不倫をしてしまうこともあります。
さらに妊娠中はホルモンのバランスが崩れることが多く妻が夫に対して攻撃的になりその不満から不倫に至ることもあるのです。
どちらにせよ妻がこれから子供を産むというときに不倫をするのは最低です、もしも不倫された場合にはしっかりと対処しなければいけません。
まず夫が浮気している証拠をつかまなければいけませんので調査会社を利用してください。身重の体では自分で調査する事はできませんのでとりあえず第三者に依頼しましょう。
調査費用がかかるのではと不安に思うかもしれませんがその後の示談によってこの費用を相手や旦那に支払ってもらうこともできます。
そして証拠をつかんだら話し合いをしてください。この後二人でやり直すのかそれとも離婚をするのか。
これから子供が生まれますので離婚するのは困難と思われるかも知れませんが離婚後に子供が生まれた場合でもきちんと離婚する前の夫の子供として認知されますので養育費は請求できます。
あと浮気相手から慰謝料の請求ができます。相手の支払い能力によって額が変わってきますが少なくとも20万から30万くらいは請求できます。支払い能力がある場合には100万以上を請求することも可能です。
もしも離婚しない場合でも請求できますので落とし前を付けるためにも必ず請求しましょう。
離婚しない場合は今後絶対に同じ過ちをしないように約束をさせてください。
一般的に妊娠中の浮気は夫にとっては一時の過ちでしかありませんので大体離婚の意思は有りません。ですので関係をやり直そうと思えばできます。しっかりと二人で話し合いをしてなぜ浮気をしたのかも追及し、反省させて今後はいい夫婦関係を作っていくようにしましょう。そして一度解決したらもうこの話題には触れないのがルールです。この話題を何かと持ちだすとせっかくの夫婦関係の修復も困難になります。

 

妊娠中の浮気許す?許さない?

 

夫婦にとってうれしいはずの妊娠ですが、その妊娠がきっかけで夫が浮気に走ってしまうことがあります。
妻が妊娠をして大変な時に、なぜ浮気などをするのでしょうか。
夫婦二人で支えあって無事に出産の日を迎えなくてはならないというのに、浮気をしているなどとんでもないことです。
しかし浮気をされたからといっても、そのまま即離婚というのは難しいといえるでしょう。
これから誕生する我が子に父親がいないというのは、なんとも悲しい話です。
我が子にとっても父親の存在がある方がいいですので、簡単にシングルマザーの道を選ばないようにしなくてはなりません。
許せない気持ちがあるのは当然ですが、何がきっかけで浮気に走ってしまったのかを夫に聞いてみるのもいいでしょう。
もしも妻が改善することによって、二度と浮気をしないということなのであれば、このまま離婚せずに出産の日を迎えてもいいかもしれないからです。
妊娠中に浮気をされてしまう原因としては、妻の情緒が不安定になっていることによって、夫に冷たくあたってしまったり、八つ当たりをしてしまうことにより、夫がそれを受け止めきれなくなってしまうところにあります。
妊娠することによって、ホルモンバランスは崩れることになりますので、情緒が不安定になるのは自然な流れでもありますが、それをわかっていながらもすべてを受け止めるのは難しいところもあるでしょう。
妊娠中なのだから仕方ないという思いはあったとしても、妻も夫にすべてを受け止めてもらおうと考えるのはやめなくてはなりません。
ストレスが溜まっているという自覚がある場合には、うまく発散をするようにしなくてはなりません。
大きな声で歌を歌ってみるのもいいですし、友人と電話で長電話をするのもストレス解消につながるでしょう。
妊娠中だからできることは制限されてきますが、ストレスをうまく解消する方法を見つけるようにし、夫の負担を少しでも減らしてあげることも浮気防止の対処法になります。