MENU

旦那の不倫対処方法

旦那が不倫をしている、そう感じた時の対処方法は、証拠を掴んで浮気を突きつける流れになります。
証拠不十分な状態では、相手に不倫を訴えても説得力がなく、言いくるめられると反論出来ない状況に陥ります。
また、疑いは思い込みであったり、浮気は幻ではないかと思い始める恐れもあるので、証拠は必ずまとめておくことが重要です。
証拠が集まった後は、被害者側に有利な状況が生まれますから、浮気を責めて怒るもよし、裁判を経て慰謝料を請求する選択肢も選べます。
浮気しても旦那が好きであったり、一度だけやり直しのチャンスを与えたい場合は、金輪際浮気をさせない誓約書を作ることがおすすめです。
誓約書には、約束を破った時のペナルティが加えられるので、どのような罰を与えるか自由に考えて決めることが出来ます。
これは被害者側の特権ですが、相手に要求を飲ませることが条件なので、証拠を固めて揺るがない状態にする必要があります。
証拠が8割方固まり、あと一息で浮気の囲い込みが行える段階なら、浮気のキーワードを出して鎌をかける方法が有効です。
表情が変わった場合は、疑いが真実である可能性は濃厚になりますし、会話の内容が曖昧で誤魔化す傾向になれば勝利は目前です。
相手の方から真実を口にすれば、自体は収束に向かいますから、悩みが解決するのは時間の問題になるでしょう。
しかし、決定打がなければ口を割らない人は多いので、最後まで気を抜かずに証拠を収集することが大切です。
浮気現場が押さえられれば、小さな証拠をかき集める必要はなくなりますし、関係性と責任を明確にして解決に至ります。
ただ、物事は思うより簡単ではありませんから、地道に追及の切っ掛けを集めるつもりで、相手の隙を窺い続けることがポイントです。
相手が逃げられなくなった時は、順を追って問題の指摘を行い、説明を求めて責任の取り方についても追求すると良いでしょう。
反省の色があり、関係を修復を求めてきた場合は、被害者の判断で許すか決めることが可能になります。
判断は将来の人生を左右したり、子供が居ると養育問題に影響するので、時には味方に相談をして、慎重に決めることが必要といえます。