MENU

離婚の条件で必要なこと

離婚をするときにはさまざま理由があります。円満に離婚できるのなら問題はありませんが、問題がある場合には条件を揃えることによって自分に優位な条件で離婚することができます。
問題として多いのがパートナーの浮気です。
パートナーが配偶者以外の異性と恋愛・性交を行なった場合は十分に離婚の案件となります。相手方の合意があれば犯罪行為ではないため刑事罰に問うことはできませんが、道義的には問題のある行為です。そのため、民法第770条の離婚事由に相当するため、配偶者が相手方とパートナーを相手に裁判を起こすことも可能です。
離婚を請求ときの理由として浮気をあげる場合には、その不貞があったという証拠が必要となります。
証拠が不十分なときには、憶測や推測として離婚請求が棄却されてしまい離婚が認められないケースもあります。また、パートナーの不貞行為が原因で離婚請求をする場合には、この不貞が婚姻の破綻の原因であるという因果関係を立証することも必要です。
証拠となる物としては、パートナーと異性の愛人が一緒に何度もラブホテルなどに出入りしている写真や映像などが有効です。旅行や相手の部屋に出入りしているという情報だけでは不貞行為があったのかを立証するには不十分と判断されることもあります。デジタルカメラで写真を撮る場合には、画像が編集できてしまうため証拠能力が弱いとされており、できればデジタル以外のカメラで写真を残すことがおすすめです。
パートナーが不貞の事実を認めるような言葉を述べた場合、それをアナログ方式のテープに録音することも証拠となります。これもデジタルですと編集やねつ造ができてしまうため注意が必要となります。
電子メールも証拠としては弱いですが、状況証拠になるためプリントアウトして提出します。
このような証拠を少しでも集めておくことによって、慰謝料の額や養育費などを自分の優位に交渉を進めていくことができるようになります。